忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/26 15:02 |
ゲームデザイン:コンボシステム
今週(11/30号)のファミ通の記事を読んでた。で、後ろの記事の方で、「戦国BASARA2 英雄外伝 ~長いので省略~」の紹介があった。


このシリーズはやったことがないのだけど、どうやら最新作では、コンボシステムが進化しているらしい。僕の目に留まったのは「コンボ数が一定値(100)以上になると、敵から小判が出現するようになる」という部分。小判がどんな嬉しい特典なのかは知らないけどー。

で、何が言いたいのかというと、コンボをつなげると嬉しいけど、もっとご褒美があるともっと嬉しいんじゃないか、ということ。

ご褒美が直接ゲームに関わるとなると、ゲームバランスとかが難しくなるかもしれないので、常にご褒美があると良いとはいえないかもしれない。でも、コンボという要素を導入しようとした場合、コンボ数やその他コンボに関わる観点から、プレイヤーの行いを認めてあげる要素を検討するのは良いことかもしれない。


Patterns in Game Design」本にはこういうことは書いてるのかなあ? 「コンボ」で索引を見てみたけど、載ってないっぽい。
PR

2007/11/16 19:51 | Comments(0) | TrackBack(0) | ゲームデザイン

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ゲーム:DS版ドラクエ4 | HOME | ゲーム:続編ゲーム>>
忍者ブログ[PR]