忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/20 11:16 |
ゲーム作りについて考える:仕様書
今週のファミ通(3/30)読んでたら、面白い記事が載ってた(p.13)。

『GDCリポートその4:「シルバー事件」がニンテンドーDSに移植決定!』という記事の一部分。

GDC (Game Developers Conference)のセッションの一つグラスホッパー・マニファクチュアの須田 剛一 (代表取締役)さんのが語ってたらしいこと。

以下引用:
-----
また、須田氏は、「ゲームを作るときに仕様書を作らず、スタッフたちとコミュニケーションを取ることでゲームを仕上げていく」という独自の手法も披露した。
-----
引用終わり

なんというか、仕様書作らずにゲーム作ることがうまくできるんだな、と思った。

具体的な開発規模(人数、期間)とかには触れていないので不明だけど、他の会社でも「仕様書なんて必要ねーぜ」みたいなところもあるのかなあ。
PR

2007/03/18 13:37 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ゲーム作りについて考える:物語 | HOME | 開発状況:クリティカルさ>>
忍者ブログ[PR]