忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 07:11 |
ゲーム作りについて考える:物語
一週前のファミ通(3/23)の記事より(p.14)。

『牧場物語』に挑戦状? マーベラスインタラクティブが作る wii 向け新しい物語の全貌』という記事の中の一部分。

木村祥朗さんの発言の部分が気になった(太字は僕による)。
-----
木村: いや、ちょっと悔しいんだけど、この感覚が味わえるゲームがひとつだけある。それが、『牧場物語』なんですよ。はっきりとストーリーがあるわけじゃないのに、物語を感じられるんです。物語といっても、RPGのようなストーリーがあるんじゃなくて、自分のゲームプレイが物語りになる。それを感じてほしいんです。
-----

太字の部分がなんか気になった。『牧場物語』はやったことないから、雰囲気を実感できないけど、なんか、重要なことを言ってる気がする。
PR

2007/03/18 13:47 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ゲーム作りについて考える:ストレス | HOME | ゲーム作りについて考える:仕様書>>
忍者ブログ[PR]